i-mobile
稲生パイソンり~くんの気になるビデオ

アイドル画像ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.野田幹子
2.ハチロー
3.岡田あーみん
4.Dear ウーマン
5.リチャード・ボナ
6.光の画家
7.KAFKA/迷宮の悪夢
8.二宮和也
9.クワガタ
10.ヒース・レジャー

クルマランキング
プロジェクトX 挑戦者たち 第VI期 突破せよ 最強特許網 新コピー機 誕生 [DVD] あまりにも有名なキャノンのコピー機開発のストーリー。当時ゼロックスの天下だった普通紙コピー機の市場にキャノンが参入し、ゼロックスの技術(特許)を回避しながら独自コピー機を創り上げたプロセスを描いたものである。

このDVDは3つのストーリーを見るものに教えてくれる。ひとつは、戦後日本が躍進した原動力となった数々の発明は、非常に苦しい技術開発の過程を経たものであること。キャノンのコピー機開発では謎の放電が発生し、その放電は非常にささいなことが原因で起きている。どうやって技術者はその原因を突き止めたか? それは不眠不休の研究成果と、「あきらめない」という不屈の精神が成し遂げたとしかいえない。いまの日本に足りないのは、実はこの不屈の闘志なのではないかとすら思う。

そして実はこの開発を支えたのは、経営陣の不断のサポートだ。コピー機は完成まで長い年月をかけ、しかも社内からはお荷物扱いされた。それでも経営陣は開発を支え続けた。またゼロックスとの特許係争も、いまの万事問題回避的な風潮の強い日本企業では、堂々と渡りあったかどうか疑問が残る。

そして最後に、技術というのは、コピーされ、コピーしていくものだということだ。昨今、韓国や台湾、中国の製造業での躍進著しく、特に中国は安い人件費をベースに独自のものづくりを展開している。それでも一部では「あれはコピーさ」と侮る風潮もある。しかしキャノンをゼロックスの視点から見れば、ゼロックスが創り上げた基本コンセプトをコピーし、改良して特許を潜り抜けたに過ぎない。特許を回避したい以上、ビジネスとして文句を言われる筋合いはないものの、本質的には技術はコピーされ、コピーして発展していくものなのだ。もっといえば、コピーされるような技術を創り上げること、そして常にそれを改良していく不断の努力こそ、経営には求められるのではないか。


コマンドス スペシャルパック アイドスプレミアコレクション(2) じっくりやるゲームです。基本は敵に見つからないようにミッションを遂行します。むやみに発砲すると、敵が、わらわらと集まってきます。
アタッカー(ナイフキルが基本)がいたり、スナイパーがいたり、工兵がいたり、爆弾担当が地雷を埋めたりして、それぞれの兵士に特徴がありますので、それをうまく組み合わせて、敵を倒すというところに楽しみがあります。
私は、1週間ほど病院で入院していた時にやりました。暇だったので、かなり有意義な入院生活をさせてもらいいました。

恋のコマンド~コンプリート・シングルス グループとしても全然有名なんかじゃなく、CD化なんてあるわけない、とずっと思ってました。ラブウインクスとラブウイングスの両方が1枚に入っているなんて夢のようです。もう聞くことができないとあきらめていた懐かしい曲が流れると、青春時代だった当時を思い出します。しみじみ聞くのも良し、大声で一緒に歌うのも良し、楽しめます。
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
スマホランキング

today:006 yesterday:013
TOTAL:8054
Ads by Sitemix